トピックス

ホーム  >  トピックス

「桜島砂防体感ツアー」(2/7(日))

桜島には、人々の生活を土石流などの災害から守る砂防施設(砂防ダムなど)があちこちにあります。
今回は許可を得て、普段立ち入ることができないこれらの施設を巡る、
「桜島砂防体感ツアー」を開催しました。
桜島の奥の奥まで入り込むこのツアーは、
めったにできない貴重な経験となりますぞ〜。

こちらは砂防ダム。
通常は工事車両が通る道をバスで登ってたどり着きます。
s-sabou01.jpg

近くで見る山肌はこんな感じです。う〜ん、ダイナミック!!
s-sabou02.jpg

鹿児島の報道関係者のほか、
たまたま桜島を訪れていたフランスのテレビ局も、ツアーの様子を取材。
皆様、わざわざありがとうございました。
s-sabou03.jpg

場所を移して昭和火口の見える地獄河原から。(・・・すごい名前。)
ちょうど噴煙が上がりました。。
s-sabou04.jpg

雨が降ると、土石流が危険なので、ツアーが中止となります。
実は事前の予報は雨だったんですが、天気が持ってくれて開催できました。
よかったです!










「コーヒー焙煎体験」(2/13土)は満員になりました。

2/13(土)「コーヒー焙煎体験」は、おかげさまで満員となりました。
今後の受付は「キャンセル待ち」で承ります。
悪しからずご了承ください。

「溶岩でピザ釜作り&ピザ作り」(2/7(日))

「溶岩でピザ釜を作ってピザを焼いたらおいしいんじゃないか・・・?」
こ〜んなユニークな発想から実現した、このプログラム、
当日は若干定員オーバーの20名強の参加者が集まり、
盛況のうちに開催することができました(ありがとうございました)!

アイデアの生みの親は、桜島溶岩加工センター酒匂一秀工場長!
試作品を作りピザを焼くこと数回。
研究を重ねてこの日に備えておられました。
そして今回は、ピザの生地作りにプロの料理人が強力助っ人として参加してくださいました!
体験フェアでは「TSUBAKI de イタリアン」を主催していただくイケメン料理人、
buffo p3c西克彦さんです。
それに参加者の皆さんの熱いハートが加わって、
見事に美味しいピザが焼けました。
その手順をササーッとご紹介!

まずはピザ釜づくりから。
骨組みに溶岩を組んで、粘土で固めていきます。
s-pizza01.jpg

完成したピザ釜に火が入ります。
並んだピザ釜、なかなか壮観でしょう!?
s-pizza02.jpg

釜が温まったら、いよいよピザを焼きます。
ピザ釜、まるで小さな桜島のようです。
s-pizza04.jpg

どうです!? おいしそうでしょう!!?
s-pizza06.jpg

ということで、食べられなくてスミマセン。
また企画しますので、ぜひご参加を(笑)







桜島からの風景

このところ、プログラム実施報告ばかり続いていたので、
きょうはちょっと一息、桜島から見た薩摩半島の眺めです。
(写真をクリックすると、画像が拡大します。)
fukayagawa.jpg


撮影したのは、旧桜島町の海岸沿いの県道から、
車で10分ほど上ったところ。(何合目くらいになるのかな・・・??)
目の前には、桜島大根が青々と成長して、収穫を待っています。
その先には西桜島の扇状地や集落が見えます。
海の向こうは、左から市街地,仙巌園のある磯地区,花倉(けくら),
そして竜ヶ水あたりまで写っています。
錦江湾も青くてきれいですね。

観光で来る人はまずいないところですが、
天気の良い日の眺めは私のお気に入りです。

新島に初上陸!

錦江湾唯一の有人島・新島(しんじま)へのクルージングを開催しました。
桜島・黒神地区の沖1.5kmにあるこの島、
私も桜島からは何度も眺めたことがありましたが、
上陸したのは今回が初めて!!
記念に(?)写真6枚でドドンとご紹介します!

10時に鹿児島港を出港し、遊覧船「クイーンズしろやま」で揺られること約1時間。
島影が見えてきました!
shinjima01.jpg

クルーズ船で新島の周囲をぐるっと一周してから、いよいよ上陸です。
写真は新島の東側から撮った一枚。
shinjima02.jpg

上陸後、島を散策しました。
写真は、桜峰(おうほう)小学校・新島分校の跡。
1972(昭和47)年3月末をもって閉校となりました。
shinjima03.jpg

分校跡のそばには、神社が鎮座していました。
かつて漁業で栄えた島の面影が感じられるようです。
shinjima04.jpg

島の南にある砂浜。
海の向こうに見えるのは大隅半島・垂水市牛根あたりです。
浜には砂嘴(さし)がちょこっと出来ていて、さながら小さな岬のよう。
皆さん思い思いに散策,写真撮影,軽石や貝殻拾い・・・などを楽しみました。
shinjima05.jpg

砂嘴の上から陸地のほうを撮影。
奥錦江湾ともなると、海の色も澄んできれいです。
shinjima06.jpg

鹿児島市から出ずして(!)こんな奥の深い島に来られるなんて、ちょっと驚きでした。
上陸時間約1時間半は、私にとっては短かったかも。
錦江湾って、いろんな意味で鹿児島人にとっての「恵みの海」ですね。
「新島クルージング」、回を改めてぜひまたやりたいです。

※同じく新島に渡る「新島探険ツアー」(2/11(木・祝))は、
 現在満席のためキャンセル待ちでの受付となっております。
 悪しからずご了承ください。